競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

きさらぎ賞(G3) THE本命の注目馬

   

■ダノンチェイサー

勝馬の栞の注目馬見解

非常に馬体の見栄えが良く、豊富な筋肉量や引き締まった質の良い筋肉は既に3歳馬とは思えないほどのクオリティーであるが、これでまだ成長途上であるとなれば将来が非常に楽しみである。
それほど素晴らしい馬体であるが距離的には長距離よりもマイル向きといった印象であり、今回の条件は非常にダノンチェイサーにあった条件であり、早い決着にも十分に対応可能だろう。
陣営もここへ向け仕上げてきた印象であり、あとはこれまでローカルでのみ出走してきたこともあり初の京都競馬場に適応できるかどうかがカギだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ブラッドホースの注目馬見解

2走前はレコード決着のハナ差2着。前走も計ったような差し切りを決めたように、スピード、センスを兼ね備えている。
中京→小倉→福島→中京の4戦のキャリア。重賞で一気にレベルが上がる今回のレースが試金石となりそうだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

アクティブの注目馬見解

前走のこうやまき賞は勝利こそ収めたものの道中は力みが見られ、池江師も「引っかかるようになってきている」と課題を口にする。
しかし、この中間は折り合い重視の稽古で鋭い動きを連発し、着実に課題を克服しつつある。
池江厩舎かつディープインパクト産駒と同レースの相性は抜群だけに、重賞実績馬を向こうに回し、ここで初タイトルを手にする可能性は十分ある。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョンの注目馬見解

2走前の福島戦が休み明けにもかかわらずレコード決着の2着。しかも自分から動いて抜け出してソラを使ったところを差し込まれたのであれば負けて強しの内容で、案の定叩き2走目の前走こうやまき賞は順当勝ちで、繰り出した上がりタイムも秀逸。
直前の追い切りでも豪快な動きを披露しており更に上昇の感ならここでも好勝負になっていい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■アガラス

勝馬の栞の注目馬見解

骨格のバランスが素晴らしく、馬体重は500キロに差し掛かる大型馬であるが四肢もスラっとしたいでたちであり全く重苦しくなく非常に素軽い印象。
腹・胴回りは少しゆとりがある造りであり、もう少し長めの距離が合う印象。しかしそれでも秘めたる能力は大きく、肩や後肢は網目状に血管が浮き出ており筋肉の張りは申し分ない。
新馬戦以来、惜しくも2着が続いてはいるが、前走から約3月の休養を馬体的にも精神的にも大きく成長したことは火を見るより明らかであり、これまでの出走の中で文句なしで最も良い状態にあるとなれば今回は大きく期待すべきだ。
以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ブラッドホースの注目馬見解

東スポ杯はハナ差の2着。スタートで出遅れたこともあり、これまでとは違った差しに転じてのレースとなったが、直線では進路を探すロスがありながらも、メンバー最速の上がり33秒7を使って勝ち馬に迫った。
気の勝ったタイプで初の関西遠征はカギとなるが、まともなら上位争いに加わってくるだろう。
1週前追い切りは僚馬を4馬身追い掛けたが、直線は逆に引き離して2馬身の先着。状態面の上積みも強調ポイントだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョンの注目馬見解

アガラスは札幌のコスモス賞、東京スポーツ杯2歳Sとオープンで連続2着なら実績上位と言える存在。前走の東京スポーツ杯2歳Sはまさかの出遅れからインを強襲したが若干詰まる場面がありながらもハナ差2着なら負けて強しの内容といえる。
若干テンションが高いところが気がかりだが陣営曰く「札幌の時よりはましだった」とのこと。短期放牧を経て帰厩した現在は良い雰囲気を保てているようなら、これまでの実績を信頼して良いと言える。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

的中タイムズの注目馬見解

初戦の内容が秀逸。
レース序盤は行きたがる面を見せたが馬群の中で徐々に折り合い、ペースの早くなる勝負どころでも楽に追走。
追い出されると反応よく抜け出してノーステッキで加速しながらのゴール。
前走東京スポーツ杯2歳ステークスGⅢは出遅れ気味で、これまでにない後方からの競馬となったが馬群を縫って最後まで勝ち負けに加わって勝負根性も見せる強い内容。
トビが大きく京都外回りのこの舞台の適性は高い。軸不動。

>
以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ヴァンドギャルド

ブラッドホースの注目馬見解

ホープフルSはサートゥルナーリアが輝きを放ち、早くもクラシック最有力候補に名乗りを挙げたが、その一戦で何度も不利を受けていたのがこの馬。
勝負どころでうまくさばけず、直線も外に張られ窮屈な追い出しに。さらに極めつけはゴール前の不利。前が狭くなり、ジョッキーが立ち上がるほど危ないシーン。まともに競馬をさせてもらえなかった。それでも諦めずに最後は盛り返して6着。立て直してからの脚勢を見れば、スムーズだったら馬券圏内も十分にあっただろう。
2走前の東スポ杯は一旦先頭の強気なレースぶりで3着。負けたのは展開のアヤで、実績はメンバー上位。
唯一のポイントは、激しいレース後の状態面だが、1月14日に坂路で初時計。その後CWで6F追いを2本。1週前追い切りではM・デムーロが騎乗して3頭併せを行い1F12秒2。陣営も「順調に調整できている。厳しい競馬をしたことが今後につながる」と前を向く。少頭数で組みやすく、輸送の心配がない京都。前走のうっぷんを晴らす。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョンの注目馬見解

ヴァンドギャルドは2走前の東京スポーツ杯2歳Sは3着だが前出アガラスとともに勝ち馬ニシノデイジーとはタイム差なしなら同等の評価を与えていい馬。
前走のホープフルSは6着だが直線で再三寄られる不利があった競馬なら度外視できる一戦。今回は頭数も手頃で外回りの京都なら競馬もし易く、ここは巻き返し必至。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■エングレーバー

ブラッドホースの注目馬見解

デビュー戦はスタートでアオり、道中も折り合いを欠くなど幼さが目立ったが、2戦目は一転したレースぶり。好位でうまく立ち回り、前を走る馬を見ながら折り合いもピタリ。直線で逃げ馬を捕らえて、あとはセフティーリードを保ったまま押し切るお手本のようなレースぶり。学習能力が高く、まだ底を見せていない強みは、ここでも上位争いの期待が持てる。
1週前追い切りは栗東坂路。藤岡佑が騎乗して4F54秒6ー12秒5。陣営も「古馬が相手でも優勢に動くし、メキメキと力を付けている」と成長力に驚きを隠せない。経験済みの京都もプラスで、無傷の重賞獲りを狙う。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョンの注目馬見解

エングレーバーのデビュー戦は出遅れたかと思ったら道中掛かったりとオルフェーブル産駒らしい粗削りな面を見せたが、それでもきっちり勝ち切ったのであれば能力があるとみていい馬。
競馬慣れした2戦目は好位の内目でスムーズに流れに乗って完勝と学習能力の高さを見せたのも評価できる一戦で、馬の状態も冬場ながら馬体の張りツヤ上々で良好ならここでもいい競馬になっていい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■メイショウテンゲン

ブラッドホースの注目馬見解

前走の外へ切れ込みながら突き抜けた内容はインパクトがあった。荒削りだが、気持ちと体がかみ合えば、一発の魅力あり。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ランスオブプラーナ

ターフビジョンの注目馬見解

ランスオブプラーナは前走のなずな賞は勝った馬を気分良く行かせ過ぎた為逃げ切りを許したが、時計的にもかなりハイレベルな一戦であったのであれば負けて強しの内容と言える。キャリア3戦でスローペース、ハイペース、ミドルペースと異なるペースを体験しているがスムーズに対応できて崩れていないならば距離延長も問題ないと判断でき、展開利も見込めるこのメンバーなら粘りこみがあっても驚けない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅢレース, 重賞