競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

アメリカJCC(G2) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■ゴールドアクター

勝馬の栞 の注目馬見解

約半年ぶりの出走であり長期の休養を経た馬体をみると全体的に太目残りの印象が強いが、良く7歳馬と思えない気迫が感じられる分、また当週追切にて調整可能となればそこまで大きく懸念する必要はない。15年では有馬記念を勝利しており、前走の宝塚記念ではキタサンブラックを圧倒する程の末脚を見せるが、サトノクラウンに追い縋ること出来ず4分の3馬身差で2着敗退。実績的に考えてもこのメンバーであれば十分実績上位であり、2年前に勝利したオールカマーと同舞台であれば今回十分期待できるのではないだろうか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

言わずと知れた15年の有馬記念覇者。前走の宝塚記念でも2着に好走しており、実績的には抜けた存在だ。今回は7か月ぶりの実戦だけに、やはり仕上がり具合が最大のポイントだろう。最終リハは美浦Wで併せ馬。リヴェルディ(4歳1000万下)を5馬身追走し、徐々に間隔を詰めて直線へ。しっかりと負荷をかけて、併入でフィニッシュした。時計は6F79秒7-39秒5-13秒2。1週前追いでは同じパートナーに遅れていたことを思えば上向いている。ただ本来の反応には足りない印象で、全体的な迫力も明らかにピーク手前だ。「年齢的なものもあるのか、ずぶくなっている。昔のように動かない。でもケイコはしっかりとやってきたから」と中川調教師は不安なしを強調するが、見た目では高評価を与えづらいところ。一枚割引との判断が正解とみる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

半年ぶりのレース・初コンビといかにも人気を吸いそうな実力馬。最近の不調は「疲れ」によるものらしいがリフレッシュできているか見定めてみる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ダンビュライト

うまライブ の注目馬見解

前走のサンタクロースSでは1着であり、これまでのG1での善戦ぶりなどから、好状態で臨むアメリカJCC(G2)では有力馬筆頭だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

今年で4歳馬となった“ダンビュライト”の初戦に期待。前走の「サンタクロースS(1600クラス)」では 先行しながらも直線でメンバー上位の鋭い末脚を発揮し、古馬相手に差をつけ1着に激走を果たした。元々は折り合いが難しい競走馬だったが、前走でここまで能力を発揮できたことからも、大きな懸念はないだろう。馬体模全く無駄がなく、追い切りでも余裕のある軽いフットワークで走り切り、かなりの好印象だ。このメンバーならば、重賞初勝利の可能性も十分にあるだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

アクティブ の注目馬見解

好位差しの王道の取り口で舞台や流れを問わず安定した成績を残しているが、弥生賞と皐月賞でともに3着の中山はその中でも得意舞台と言える条件。切れる脚がないぶん、この時期の中山の馬場も合うはずだ。菊花賞では今回上位人気が確実なミッキースワローに先着しており、鞍上には確変突入のミルコ。待望の重賞制覇は射程に捕らえている。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ミッキースワロー

ターフビジョン の注目馬見解

ミッキースワローは今年の飛躍が期待される素質馬。菊花賞6着後は無理をせず、ここを目標に定めた。しっかり乗り込んだとあって、動きには活気がある。最終追いは美浦Wで単走。気持ちよさそうに5F68秒5-39秒1-12秒5で駆け抜けた。肌ツヤが良く、心身の充実が伝わる雰囲気。時計に派手さはないが、きわめて順調だ。「躍動感があっていい動き。休養を挟んだことで精神的にも成長した。体のバランスも良くなっている」と菊沢調教師は景気のいい言葉を並べる。セントライト記念を制した舞台。好勝負は必至だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

4歳にしてすでに中山で3戦2勝している中山巧者。データ的にも訂正は抜群。ここもまた有料候補の一頭である。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■レジェンドセラー

勝馬の栞 の注目馬見解

昨年のオリオンS以降から後肢辺りの筋肉がきれいに発達し、若干詰まった体系へと変化しているため前走よりも脚の仕上がりがかなり良く見える印象。初の重賞競走という事がどう影響するかは未知数ではあるが、メンバー的に見てもそこまで強力な面子ではないとなれば上位入線は大いに期待出来る。また薄っすらと光沢する馬体は絶好調である事を示しており、鞍上もルメール騎手確保となれば非常に面白い存在となる可能性は濃厚。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

上がり馬のレジェンドセラーも要注目。美浦Wの3頭併せでは最後方から発進し、豪快に脚を伸ばして最先着。内を回ったとはいえ、6F81秒4-37秒6-12秒6と時計も優秀だ。今の勢いをそのまま表した追い切りだろう。普段は慎重な言葉が目に付く木村調教師も、それなりの手ごたえを得ている様子。「使っているので状態は維持といったところ。ただ緩さがなくなって、しっかりしてきた感じはしますね」とうなずく。条件戦を2連勝中。一気にタイトルをつかむか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■トーセンビクトリー

うまライブ の注目馬見解

抑えとして選出したトーセンビクトリーもこのタイミングで仕上がりは上々。今回の状態から、展開次第では直近の結果の挽回が期待できる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

逆襲を狙う“トーセンビクトリー”が穴の候補だ。前走「有馬記念(GⅠ)」で14着となったからも今回は注目されないだろうが、直線で前を塞がれる大きな不利を受けて後退したのが影響した大凡走だからこそ決して能力がないわけではない。追い切りでは余裕を見せながらもかなりの好調であり、前走よりも格段に印象が良い。元々折り合いも良く、末脚も馬っぷりは相当な好印象だからこそ、うまく展開にハマれば1発があっても全くおかしくない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ショウナンバッハ

競馬オンライン の注目馬見解

1皮むけてきた“ショウナンバッハ”に期待。これまで全然ダメだったが、昨年の秋ごろから一変し、鋭い末脚絵を発揮できるようになり別馬かと思うほどよく走るようになり、実力の片鱗を示してきた。さらに、中山芝2200mでは、「ステイゴールド産駒」の活躍が目立つ開催であり、2016年に“ショウナンバッハ”が3着に好走していることからも、この舞台の相性がいいだろう。鞍上は、今年早くも重賞3勝した「戸崎騎手」であり、調子が最高潮コンビの好走に期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■マイネルミラノ

勝ち馬の定石 の注目馬見解

逃げがうまくハマったら怖い存在。なんとか内枠を引いてくれれば一発がありそうな馬。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ディサイファ

ギャロップジャパン の注目馬見解

出走登録馬を見てみるとディープインパクト産駒はディサイファの1頭のみ。近走こそ思うような成績を残せていないが一昨年にこのレースを制すなど通算GⅡ2勝は実績上位と見て良いだろう。前走のJC(GI)後は短期放牧に出しリフレッシュ、疲れも取れ戻ってからは順調に乗り込みを消化。陣営も「リフレッシュさせ疲れも取れた。戻ってからは順調に乗り込めているし力は出せる。一昨年を制したようにGⅡならまだまだやれる。」と色気十分の様子。一昨年のシーンを再現できれば今年も好勝負必至と見て問題ない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅡレース, 重賞