競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

スワンS(G2) THE本命の注目馬

   

■デアレガーロ

レース(RACE)の注目馬見解

札幌でのここ2戦の内容を見ると、オープンクラスでは1200mはやや忙しいのかなという印象。その点、1400mは京都牝馬Sでも2着に来ている実績があり信頼できる。
相変わらず調教では素軽い動きを見せており、北海道から帰ってきた後も順調そのもの。早々にこのレースに狙いを定めていたため、陣営の思い通りの調整ができている。デキ自体はいいので、あとはG2での牡馬との対戦となるので、その相手関係だけだろう。
切れ味に関しては屈指の差し脚を持っているので、鞍上の福永騎手がその辺りをどう活かして乗ってくるか。ベストと言える舞台で巻き返しを図る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ヒルノデイバロー

栗東会議の注目馬見解

連闘で安田記念を制し、的中馬券に貢献してくれたモズアスコットが一強とされるのも仕方ないメンバー構成になりました。ここまでくるとどの馬が来ても驚けない波乱含みのレースとなりそうですが、ここは昨年2着のヒルノデイバローを取り上げさせて頂きます。
昆調教師の息子さんの昆昌輝助手が持ち乗りで担当しており、厩舎の主戦を務める四位ジョッキーとも「なんとかして重賞タイトルを獲らせてやりたいね」といつも話しており、厩舎がお世話になっている馬主さんというのもあって7歳でもまだ諦めてはいない様子。
オープン入りしてからは2桁着順の大敗が8回もある一方で2着にも5回来ており、なんとも掴み所の難しい印象を受けてしまいますが、シンプルに脚質的な脆さや、ノリさん・四位ジョッキーといった鞍上の不安定なキャラクターもこの成績の要因になっているとも言えるでしょう。それでもGII、GIIIクラスならば足りるだけの能力は持っており、ここまでメンバーが手薄になるならばこの馬がアッと言わせるシーンがあっても不思議ではありません。ゴチャつかない手頃な頭数で競馬ができるのもこの馬にとってはプラスになりそうです。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■コウエイタケル

アクティブの注目馬見解

ピックアップホースはコウエイタケル。7歳の秋シーズン。常識的には大きな上積みはないと考えられる年齢だが、ここにきての充実度は凄い。近2走はともに不得手な道悪だったにもかかわらず、オープンの朱鷺Sで3着、セントウルSで4着に好走。前走に至っては鞍上の小牧が「良馬場なら勝っていたかも」とこぼすほどの走りだった。菊花賞がそうであったように、時に常識が通用しないのが競馬というもの。デビュー50戦目、7歳牡馬の激走に期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅡレース, 重賞