競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

フェアリーS(G3) THE本命の注目馬

   

■アクアミラビリス

ターフビジョンの注目馬見解

アクアミラビリスは姉にエリザベス女王杯勝ち馬で有馬記念2着のクイーンズリングをもつ良血馬。デビュー前から追い切りでいい動きを見せて評判になっていた馬だが新馬戦は評判通りの勝ち上がりを決めた。
レースがスローに流れたため走破時計こそ平凡だがこの馬が繰り出した上がり33.2秒は逃げた2着馬の上がりが33.6秒なら出色のものと言える。
姉にも騎乗していたM.デムーロも好感触を得たようで連続騎乗を快諾ならここでも侮れない存在となろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

的中タイムズの注目馬見解

前走の新馬戦は出負け気味だったが、そこから押していって2番手にぴったりつけて折り合ったように操縦性の高い馬。
2番手から直線では仕掛けられてからの反応も早く、そこでも操縦性の高さを見せていた。
一勝馬で抽選対象だが、過去のこのレースでは条件戦の馬から勝ち馬も出ており抽選突破すればチャンスの有る一頭。
吉村 圭司調教氏の言うように姉のクイーンズリング同様普段の性格が穏やかで精神的にも今の時期の牝馬にしてはしっかりしている。
経験の浅さは持ち前のレースセンスでカバーすると見る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

レース(RACE)の注目馬見解

新馬戦はセンスあふれる内容で完勝したアクアミラビリス。鞍上の関係からシンザン記念ではなく、フェアリーSに出走させてきていることから、陣営の勝負気配の高さが大いにうかがえる。
この中間は入念に乗り込みを行い、ここまで順調にメニューを消化。時計自体も非常に良く馬体も充実している。やや間隔が開いているが変にテンションが高くなることもなく、いい仕上がりでレースに臨めそうだ。
エリザベス女王杯の勝ち馬クイーンズリングの半妹ということもあり、陣営がかける期待も大きいだけに、ここでどんなレースができるかによって今年の目標も定まってくる。果たしてクラシック戦線に名乗りを挙げることができるか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■>アマーティ

ターフビジョンの注目馬見解

アマーティは新馬戦を勝った後、牡馬混合の重賞サウジアラビアRCで牝馬の身ながら3着。
勝ったグランアレグリアが牡馬相手の朝日杯FSで3着で、この馬との比較からもこの馬自身の身体能力の高さはうかがえる。
レース内容も自ら勝ちに行ってのものなら負けて強しの内容といえよう。
このレースの後軽度の骨折が判明したが、症状が軽かったため比較的早く乗り出せたのは不幸中の幸いと言える。
放牧先でも乗り込まれていたが帰厩後も十分に乗り込まれ態勢は整っていると判断でき、脚質的にも中山向きの先行力を前走で見せており、ここでも好勝負になっていい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ホウオウカトリーヌ

ターフビジョンの注目馬見解

ホウオウカトリーヌは新馬戦4着の後折り返しの未勝利戦を順当勝ち。その後2勝目を上げるのに3戦を要したが使うごとに操縦性が良くなっているのは好材料で、経験値の高い分距離延長はさして障害にならないと見る。
ここまでキャリア5戦だが体に柔らかみがありトモの感じも更に良化ならデキは前走以上と言え、中山で2勝しているように立ち回りのうまさは証明済みならここでも好勝負になっていい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■アゴベイ

ファーストの注目馬見解

狙い目となる注目の一頭はアゴベイです。
東京芝7Fの新馬戦を上がり33秒2の末脚で快勝すると、続く2戦目は中京芝7Fのつわぶき賞で0秒1差の2着。出遅れもあり、最後方から大外を回すロスの多い競馬になりましたが、それでいてラストはメンバー最速上がりで3/4馬身差ならポテンシャルはかなりのものです。
初距離、初の右回りなど克服すべき課題もありますが、スムーズに運べればこのメンツでもヒケは取らないでしょう。最大の適は抽選。無事げートインさえできれば、可能性は十分あると思います。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅢレース, 重賞