競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

プロキオンステークス(G3) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■ウインムート

勝馬の栞の注目馬見解

昨年暮から今年初頭に掛けてはかなりの不調に見舞われ思う様な結果が出なかったが、4ヶ月の休養を経て完全にリフレッシュしオープン2連勝と本来の実力が戻って来た。
激戦を経験しても全く疲れは見られず、馬体の状態は張り、艶共にかなり良い状態にあり、1400m戦に関して完全に対応の利く馬体、戦績を考えれば、今回人気以上の走りは大いに期待出来るのではないだろうか。
こちらも今回は和田騎手にスイッチしてのす腰部気配濃厚であり、秋に向けてさらなる賞金加算を目論むのであれば、ここでの好走は必須条件となる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

栗東会議の注目馬見解

現在2連勝中、2走前の栗東Sでは18万馬券的中の立役者となってくれたウインムートを取り上げさせていただきます。 以前はハナに行けないと自分の競馬ができないキャラクターでしたが、ここ2戦は番手からでも競馬ができるようになり精神面での進境が結果に繋がっています。全8勝のうち4勝がダート転向後のもので、成績も[4.0.1.3]とまずまず。砂替わり初戦が中京1400mでの勝利ですからコースにも不安はありません。冬場は歩様が硬くなるタイプで、成績からもわかりやすい典型的な夏馬だけに今が一番状態的にも良いところにあると言えそうです。
2戦続けて手綱を取り勝利に導いた松山ジョッキーが今回先約で乗れないため、懸念があるとすれば乗り替わりになりますが、和田ジョッキーならばこの手のタイプはむしろ合いそうですし、本格化した今の勢いならば重賞挑戦も不安よりも期待の方が大きいと見ています。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョンの注目馬見解

ウインムートはここ2戦2連勝だが番手に控えて抜け出す競馬が板についてきたのは好材料。前走も外枠から出て脚を使いながらも抜け出せているならここにきて更に力をつけていると見てよく、自在性が出てきたここは3連勝も射程圏だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ドリームキラリ

勝馬の栞の注目馬見解

前走欅ステークスでは重賞競走の勝利鞍もあり、フェブラリーステークス4着の実績を持つサンライズノヴァを下し、6歳となり非常に勢いのある1頭。
過去の戦績を見ると中距離の実績も豊富だが、今年から馬体に合わせ距離を短縮した結果、成績も相応についてきているとなれば、この左回りの1400mはベストの舞台。
今年既に4戦を消化し、今回のプロキオンステークスが事実上5戦目となるが、毛艶や張りはレースを重ねるごとに上積みを重ね、今回の馬体は近走内では最高の状態と言っても過言ではない。
今回鞍上にデムーロ騎手を迎え、矢作厩舎としても完全に勝負掛かり濃厚。有力各馬が57キロ、58キロにて出走という条件であれば十分上位入線は可能性を帯びる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョンの注目馬見解

ドリームキラリは逃げなくては一銭にもならない馬だが、今回のメンバーなら無理に競りかける馬がいない組み合わせで能力全開。
引き続き状態キープでここも粘りこみから押し切りを狙う。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■インカンテーション

ターフビジョンの注目馬見解

現在8歳の牡馬で、2016年シーズンは少し調子を落としていた感があったが、2017年秋に復帰していきなり重賞2連勝。
今年のフェブラリーSでも3着なら老いてなお盛んを地で行っていると見ていい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■マテラスカイ

ベストレコードの注目馬見解

マテラスカイは2016年9月のデビュー当時から高い素質をかわれていたが、一時期の不振を乗り越え今年は1000万下、1600万下を2連勝しドバイにも遠征(ドバイゴールデンシャヒーン5着)。
厳しい調教を行う厩舎でドバイ帰り初戦となる前走6月24日の花のみちステークス(阪神ダート1200m)は降級という事も有り人気は集めたものの正直疲れなどが心配で半信半疑であったが、蓋を開けてみれば3馬身半差の圧勝であった。
今年に入って一気に本格化し厩舎スタッフも馬の素質開花を感じ取っているからこそ今が走らせ時とダート重賞未経験の身でドバイへも遠征し5着と結果も残した。
そして前走も海外帰りのハンデがありながらの圧勝。もう本格化は疑う余地もなく今回は一気に重賞初制覇へ向けてプロキオンステークス(G3)へ出走登録をしてきた。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■サクセスエナジー

ターフビジョンの注目馬見解

オープン入り2戦目で交流受賞ながら2連勝と急成長中の馬。
明けて4歳のまだまだこれから伸びる馬で、全く底を見せていないのも好印象。
中京のこの舞台で勝ち鞍があるのも良い材料で、連勝が更に伸びても驚けない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ルグランフリソン

ターフビジョンの注目馬見解

ルグランフリソンの前走は内枠で包まれ揉まれこんだのも響いたが、「目に見えない疲れが若干あった」と陣営。
一旦リフレッシュ放牧に出していい状態で戻ってきたのは何よりで、ここは巻き返せる状態にある。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ドライヴナイト

競馬劇場の注目馬見解

デビュー当初は2連勝で3歳ダート馬の登竜門ヒヤシンスSに出走するなど、厩舎内の期待も高かったドライヴナイト。
しかしヒヤシンスSで11着の大敗を喫していたからというもの、馬に走る気力が全く見られず大敗が続いた。
しかし昨年の7月にハミを受けをよくするため、そして馬に刺激を与えるために芝を1戦だけ挟んだ所、これが功を奏す。
これまでの大敗続きが嘘だったかのように3連勝を達成。
元々秘めた能力があっただけに、気力が戻るとみるみる内にオープンへ駆け上がり、2走前のすばるS(OP)でも勝利を上げいよいよ今年重賞に初挑戦となる。
前走5ヶ月の休養明けを叩いて上積みの見込める今回は、特に軽視できない一頭として注意が必要だろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅢレース, 重賞