競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

ラジオNIKKEI賞(G3) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■フィエールマン

競馬劇場の注目馬見解

体質的には虚弱な面があり、デビュー自体が今年の1月まで遅れ、更にそのデビュー戦で勝利した後も骨瘤が出るなど思い通りに調整が行かずに今年のクラッシク戦線に乗ることはできませんでした。
しかし厩舎スタッフや牧場スタッフの献身的なケアともともと備えた素質の高さでここまで負けなしの2戦2勝。
体質の弱さに関してはまだまだ油断はできないものの「デビューの時みたいに一戦使ってガタッとくる感じはなくなった。」と前走後はノーザンF天栄で調整されており、体質的にも着実に成長は見せております。
ただし、能力・素質の高い当馬でも懸念材料としてあるのは前走でも見せたゲートの出の悪さ。
ましてや福島で開幕週となれば懸念材料となる出遅れが致命的なものになりかねないだけに、中間は入念なゲート練習を積んでいることからもやはり陣営がこのゲートに一抹の不安を抱えているのは間違いありません。
当日のフィエールマンの評価をここで公表することはできませんが、関係者の評価としては【※情報規制※】という評価が下されているだけに、当日のラジオNIKKEI賞にはぜひ注目頂きたいと思います。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石の注目馬見解

現在の所、2戦2勝と無敗の馬。大事に使われながら成長を促されて来た。出遅れ癖がある為、開幕週はこの馬にとって厳しいかもしれないが、ポテンシャルは相当に高い。ディープインパクト産駒らしい切れを見せられるか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

匠の万馬券の注目馬見解

前走は大きく出遅れたが、道中は後方で脚をタメて、3角付近で進出開始。
直線入り口では楽な手応えで先頭集団に取りつくと、最後は楽々突き抜けて2馬身差の完勝。
最後は流す余裕があったし、それでいて時計は水準以上。素質は相当高い。
再度ひと息入ったが、中間は推進力満点の動きで気配は申し分なし。重賞でも注目したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

レース(RACE)の注目馬見解

いずれもスタートで出負けしながらも能力でカバーし、2戦2勝の負けなしで重賞に臨むフィエールマン。
陣営の中でも新馬戦の前から『これはモノが違う』という印象を受けており、非凡な素質を重賞の舞台でも発揮したいところ。
先述の通りゲートに不安を抱えているが、この中間はゲート練習も入念に行い備えは万全だ。調教の動きも良く、現時点での完成度もかなり高い。
いかにも遅れてきた大物といった感もあるディープ産駒。中山1800mをクリアしているなら、小回りの福島1800mもさほど苦にはしないだろう。秋を見据えるためにも、ここで足踏みはしていられない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■グレンガリー

うまライブの注目馬見解

前走での好走を見る限り、本重賞にて、高いポテンシャルが発揮されることは濃厚だぞ。
そして抑えに選出したメイショウテッコンも、展開次第では、好走が期待される有力馬であり、組み合わせ相性も期待できるぞ。
開幕を迎える福島会場でのG3レースは要チェックだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ファーストの注目馬見解

半兄に重賞2勝のミトラやオープンまで出世したモンドアルジェンテがいる血統馬で、父はハービンジャー。
デビュー戦は7番人気と低評価でしたが、そこでタイム差なし3着に好走すると、続く2戦目を快勝。前走のホンコンJCTでは番手から押し切る好内容で古馬を撃破しています。
派手さはなく評価はいまいち上がりませんが、高い先行力があり、小柄で器用に立ち回れる機動力は小回りで狭い福島向き。鞍上も当地が得意な津村騎手ですし、ここは一発に期待したいと思います。

■イェッツト

勝ち馬の定石の注目馬見解

馬券を一度しか外していない1頭。堅実に走る印象で、力強さも兼ね備えている。切れる脚は無いが、長く良い脚を使えるこの馬にとってはチャンスは十分にある。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■メイショウテッコン

勝馬の栞の注目馬見解

立ち姿が素晴らしく、全体のバランスはかなり整っており、気候的に合うのかかなり馬体的に充実が感じられる点はプラス材料。
逃げて結果を残している面もあり、今回も前で競馬を行う事は既定路線だが、56キロとハンデキャッパーにも見込まれた実力を考えればここでの上位入線は必須。
ここで賞金加算にて本命路線である菊花賞にて向けてのトライアルに備える計算であれば、ここでの勝負気配は相当と見ても良い。
春のクラシック競走には未出走という実績だが、だいぶ本格化が見込める状態であれば、クラシック出走各馬とレベル的にも遜色はないと判断出来る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ケイティクレバー

勝ち馬の定石の注目馬見解

レベルの高い馬と闘って来た1頭。1週前追切の動きも良さそうで、ここは人気所にはなりそう。前々からの競馬を得意としているので、開幕週の舞台はベストだろう。力を発揮出来るか注目が集まる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■エイムアンドエンド

勝馬の栞の注目馬見解

シルエットは母ロフティーエイムを彷彿させ、更に牡馬故の逞しさを備えた印象が強い。
共同通信杯からの休養明けではあるが、青葉賞を勝利したゴーフォザサミット、京都新聞杯を勝利したステイフーリッシュも負かした逸材の走りは期待の一言。
休養明けの太め感もなくしっかりと仕上げた状態であれば、母の影響からこの福島開催で早熟血が覚醒しても何ら不思議ではない。
そして今回53キロと絶好の斤量にて出走が叶い、得意の先行しての競馬が出来るのであれば、メンバー的にも上位入線は決して不可能ではない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅢレース, 重賞