競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

共同通信杯(G3) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■グレイル

競馬インサイト の注目馬見解

前走の京都2歳ステークスでの勝ちっぷりは圧巻で、2着に下したタイムフライヤーは後にホープフルS(GI)を制した実力馬であり、この世代のトップクラスの評価を受ける1頭である。晩生のハーツクライ産駒、そして馬体を見てもまだトモが緩く成長してくるのはまだ先で、今はあくまで素質のみで走っているような感じでありながらの京都2歳ステークスでのパフォーマンス。2戦連続で手綱を握った武豊Jであればこの馬の特徴はすでに掴んでいるはずで、グレイル自身も不器用さがあるため、今回東京コースに替わるのはプラスと見ていいだろう。 京都2歳ステークスで右手前のまま差しきってしまったことも考慮すれば、むしろ左回りは歓迎のクチ。ここはきっちり勝って、クラシック本番に向かいたい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬劇場 の注目馬見解

デビュー戦を勝ち上がって、臨んだ前走のラジオNIKKEI杯京都2歳Sでは、着差こそ目立ちませんが、2着に退けたタイムフライヤーは、のちにホープフルS(G1)を勝利。更に3着だったケイティクレバーにおいても、先日の若駒S(OP)で2着に0.5秒差をつけて圧勝するなど、前走の京都2歳Sがいかにレベルが高い一戦だったかがお分かりいただけるかと思います。今回初の長距離輸送、そして左回りの東京競馬場となりますが、前走4コーナーで若干膨らんでいますが、これは流れの中で手前を替えられなかったものであり、それでも最後の直線はしっかり伸びてタイムフライヤーを測ったかのように差し切りました。
前走を見る限り、この左回りの東京の舞台は当馬にとってはプラス材料とみていいだけに
、あとは輸送で大きく馬体を減らさないかどうかだけでしょう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

的中タイムズ の注目馬見解

新馬戦では向こう正面から位置を押し上げていっても引っかからなかったように折り合いのつく馬。 前走では後のホープフルステークスGⅠを勝ったタイムフライヤーが完全に勝ちパターンだった所を徹底マークから差し切ってみせた。 全2走共に京都2000メートルだが、いずれも勝負所での反応が遅く4コーナーでおかれるところを見せており、エンジンのかかりの遅いこの馬にはむしろ向かない条件での勝ち切りであったともいえる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ゴーフォザサミット

アクティブ の注目馬見解

デビュー戦は、初めての競馬で戸惑うところもあったのか、見せ場なく5着に敗れたが、2戦目の未勝利は中団からあっさり差し切って2馬身半差の快勝。さらに、前走の百日草特別も上がり33秒6の末脚で差し切り、師の期待通りに軌道に乗った。前走の勝ち時計は同日の古馬準オープンと同じで、ルージュバックがマークした2歳レコードに0秒1差と時計の裏付けも十分。中間の稽古ではレイデオロを相手に先着するなど気配も絶好。また一頭、名門厩舎からクラシック候補が誕生しそうだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

レース(RACE) の注目馬見解

前走の百日草特別では、そこそこメンバーが揃った中で、切れのある伸びを見せて快勝。あの内容を見る限り東京コースの適性はかなり高そうなだけに、重賞の今回も期待できる。
デビュー戦こそ太め残りでルーカスに完敗したものの、馬体を絞ってからの2戦はいずれも潜在能力の高さを見せるレース内容。1週前追い切りでも、昨年のダービー馬レイデオロに先着するなど華麗な動きを披露しているだけに、現時点での完成度の高さも加味すれば、3連勝で一気の重賞制覇も決して難しい話ではない。日本ダービー連覇を目指す藤沢和雄厩舎所属なだけに、ここを勝って今年の牡馬クラシック戦線の主役候補に名乗りを挙げたいところだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ステイフーリッシュ

うまライブ の注目馬見解

ホープフルS(G1)での好走も記憶に新しく、過去のデータを見ても条件は揃っているぞ。変則開催として三日間開催される中で注目したい一戦だ

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■サトノソルタス

栗東会議 の注目馬見解

看板馬サトノクラウンの天皇賞出走と同じ日に合わせて当日の新馬戦でデビューさせた事からも、厩舎、オーナーからの期待が大きさが伺えました。その天皇賞当日はご存知の通り極悪馬場の上、4角で他馬に外からブツけられるアクシデントがありながらも怯まず勝ち切るあたり素質はもとより勝負根性も相当なもの。その後はさすがに反動もありひと息入れましたが、1月初旬には帰厩しここまでジックリ調整。1週前にはCWで同じく出走予定のブレステイキングと、さらに古馬準OPハナレイムーンとの3頭併せを敢行。1頭抜け出す手応え十分の動きで、あとは今週の最終追い切り(堀厩舎は原則木曜追い)で仕上げてくるでしょう。1勝馬の身で相手関係も一気に強化と決して楽ではありませんが、新馬勝ちのコースですし今度こそ良馬場でできるのならば、不安以上に楽しみも大きいのではないでしょうか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■カフジバンガード

うまライブ の注目馬見解

コース適正、距離適性ともに◎。重賞での結果に恵まれていないものの、その実力は確かであり、当重賞での好走が期待できる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅢレース, 重賞