競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

弥生賞(G2) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■ダノンプレミアム

勝馬の栞 の注目馬見解

サウジアラビアRC、朝日杯FSと全く他馬を寄せ付けない強さを見る限りでは死角的死角は存在せず、馬体に関しても休養明けを感じさせず、唯一の懸念材料であった気性面もせイヴょうが見られるとなれば尚更死角という死角は見当たらないのが現状。しかし馬体的にはマイラー色が強い印象があり、今回弥生賞2000mという距離がこの馬自身の走りを狂わせるとなれば本来の力が発揮出来ない可能性もある。その点を考慮する上では今回先の弥生賞も含め試金石になる競走となるのではないだろうか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

“ダノンプレミアム”は新馬戦を4馬身差で快勝し、続く“サウジアラビアRC(GⅢ)”では2歳コースレコード勝利を果たし、そして前走の“朝日杯フューチュリティS(GⅠ)”では2着に3馬身半差をつけ、【1分33秒3】のレースレコードで勝利。昨年最優秀2歳牡馬のタイトルを獲得しており、3歳馬となった初戦でも大きな偉業をなしてくれるのではないかと期待が膨らむ。課題は、初の中山競馬、初の2000mという舞台であるが、“父ディープインパクト”の血統を持つ競走馬が過去5年間で3度も勝利していること、そして“ダノンプレミアム”の能力面からみても大きな懸念は必要ないだろう。まだ能力の底を見せない“ダノンプレミアム”の王者を証明する走りに期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

最終追い切りは栗東CWで行われ、馬なりの単走。序盤は折り合いを確認するようにゆったりと運び、ラストは馬なりのままフィニッシュした。時計は6F85秒1~38秒0~11秒5。メリハリの利いた内容は、中距離戦を意識してのものだろう。特に苦にすることなく、リズム良く駆け抜けていたのが印象的だ。この雰囲気なら初の二千もあっさりクリアするかもしれない。「先週の併せ馬でそれなりにできていたので。きょうは単走。十分に動けていたと思います」と中内田調教師も満足げ。馬体も以前よりボリュームアップしている。もちろん、未知の距離やコーナー4つのコースなど、課題はある。ただそこまで気にする必要はないと思えるほどの好気配だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

同馬はデビュー戦を4馬身差をつけ快勝すると続くサウジアラビアRC(GⅢ)をレコードV、そして昨年12月に開催されたGI朝日FSでも余裕の手応えで快勝し3連勝を決めた。馬体もデビュー時の476㌔から490㌔まで増やしており、レース内容からも成長ぶりは目覚ましい。昨年12月以来の実戦となるが中間は古馬のゼンノタヂカラオ(古馬500万クラス)を相手に馬なりのままラスト1F11秒3の切れ味であっさり2馬身先着するなど圧巻のパフォーマンスを披露。デキ万全とあれば4連勝は濃厚と見て問題なさそう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

レースレコードを2レースも更新した超一流の馬。今回は初の2000mはどう転ぶか見物だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ワグネリアン

競馬劇場 の注目馬見解

デビュー戦で衝撃の上がり3F32.6秒という切れ味もさることながら、野路菊Sでは雨で重馬場となる中、渋った馬場をモノともせずに快勝。前走の東京スポーツ杯では、モーリスの全弟ルーカスを破り3戦3勝を決め、春の始動戦をここに定めてまいりました。今年のクラシック戦線が本格的に始まる今週においても、セレクトセールで毎年高額馬を落札する(株)ダノックスのダノンプレミアムなどが強敵となります。もちろんここは本番ではなく、あくまで“前哨戦”ですのでここでその本質を教える事はできませんが、今年のクラシック戦線においては非常に重要なキーワードともなってるだけに、今週末の弥生賞には、是非ご注目頂きたいと思います。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

2歳時より無傷の3連勝でここに挑むワグネリアン。3戦とも異なる舞台で勝利しており当該距離を初戦でこなしているのも強み。中間は耳覆いつきのメンコを着用して更に落ち着きも出ており折り合いもスムーズ。450kg台と牡馬にしては小ぶりながら以前より成長分の馬体重が増えており太目感は無し。パワータイプには映らないが爪が小さく道悪を苦にしないのも大きな魅力。世代屈指の瞬発力に力強さも加わった今回は上位争い必至。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

万馬券総合研究所 の注目馬見解

現在3連勝。パーフェクトな成績でクラシック王道へ。鞍上もここで勝って初ダービー制覇を視野に入れている。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

レース(RACE) の注目馬見解

1番人気はヘンリーバローズに譲ったが、激しい叩き合いの末、ワグネリアンがハナ差ヘンリーバローズを抑えて勝利。この時の上がり3ハロンは32秒6と、この日の中京競馬場の古馬も含めた全レースにおいて最速のタイムとなったことから、この時点で怪物級の評価を与えられて然るべき存在と言えよう。その後、野路菊ステークス(OP)、東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)といずれも圧勝し3戦3勝。この内容からすでに昨年の時点でダービー最有力候補との呼び声も挙がっている。今回の弥生賞は、朝日杯フューチュリティステークス(G1)を圧勝したダノンプレミアムとの一騎打ちとの見方が大方の見解だが、距離適性を考えれば断然ワグネリアンの方に分があると考えられるのではないか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■オブセッション

勝馬の栞 の注目馬見解

前走シクラメン賞では2歳レコード勝利と圧倒的なレースを見せた同馬。今回同じデープインパクト産駒としてダノンプレミアム、ワグネリアンといったクラシック有力馬出走という状況ではあるが、前記2頭と比較する上では少々タイプが異なる印象があり、距離や馬場の融通性。また今回出走にあたっての状態を考慮する上では十分今回逆転は考えられるのではないだろうか。現時点にて11頭登録という状況だが、恐らく出走馬確定には5頭~6頭程になる可能性が高く、となれば馬券圏内に入線の可能性は飛躍的向上となり、本番を見据える2頭の隙を突ければ結果は自ずとついてくる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

最終追いはWで併せ馬。ドラゴンストームを4馬身追走し、併入に持ち込んだ。迫力満点とはいかないが、以前に比べて明らかに動くようにはなってきた。外を回して負荷をかけてきた点にも好感が持てる。上昇カーブを描いているとみていいだろう。「2週続けてしっかりやった。いい動きでしたよ。初戦は重馬場、次は開幕週。実戦での勝負強さがあるね」と藤沢和調教師。まだ完成度ではダノンプレミアムに劣るが、スケールは互角。逆転のシーンがあっても驚けないデキだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

この馬も上位評価とみていい馬。ただエンジンのかかりが遅いらしく、瞬発力勝負の中山をどう攻略するか鞍上に期待。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■サンリヴァル

競馬オンライン の注目馬見解

“サンリヴァル”はデビュー戦からスタートが切れる馬であり、持ち前の先行力で後続から逃げ切り勝利が持ち前。特に馬場状態が良いこの時期となれば、“弥生賞”の近年の結果からもわかるように、逃げ・先行の脚質が有利であり、“サンリヴァル”の脚質がハマる展開となれば大穴をあける可能性は十分にある。また、3歳馬となり鞍上の指示でギアが直ぐに入るようになり、折り合いもホボ完璧であり、この大きな成長は相当な好材料。“サンリヴァル”の持ち前の先行力による番狂わせに大いに期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

アクティブ の注目馬見解

前走のホープフルSは4着に敗れたが、ハイペースを2番手で進み、勝負どころでも早めに動き出し直線では一旦先頭に立つ積極的な競馬を披露。結果、上位馬の決め手に屈する形にはなったが、差し・追い込み馬に絶好の流れのなかで、先行して唯一、掲示板を確保したしぶとさは特筆できる。一転、今回は少頭数でスローが確実な状況。マイペースで運べれば大金星まであっておかしくない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ジャンダルム

競馬オンライン の注目馬見解

新馬戦から“デイリー杯2歳S(GⅡ)”と2連勝した後、前走の“ホープフルS(GⅠ)”では2着と実績面だけで見ても能力が高いことは伺えるだろう。また、今走と同じ中山2000mで行われた“ホープフルS(GⅠ)”の敗北も展開の影響があっての2着であり、このコースは至って普通にこなしていたからこそ懸念は無い。驚くべきは仕上がりによる万全な脚であり、追い切りではラスト1ハロン【11秒5】を叩き出しており、古馬でも相当な強めで追わないと出せない時計だからこそ、ここまでの動きはかなりの好材料。鞍上は先週の“阪急杯(GⅢ)”で7番人気馬を1着にまで持ってきた“武豊騎手”だからこそ、文句なしの走りに期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅡレース, 重賞