競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

日本ダービー(G1) THE本命の注目馬

      2018/06/08

THE本命の注目馬

■ダノンプレミアム

勝馬の栞 の注目馬見解

皐月賞は直前にて挫跖の為回避となったが、日本ダービー復帰に向け調整を行い今回満を持して3歳牡馬筆頭格が大舞台へ出走となれば期待も当然高まる。2週前の調教ではCWにて84秒1-11秒6。1週前では同じくCWにて79秒1-11秒2と立て続けに猛時計を繰り出しその好調ぶりは見て明らか。それはしっかり馬体にも現れており、アバラも薄っすら皮膚も薄くこの上ない仕上がりで最高の舞台へ望めるとなれば前走からの間隔も全く問題はないと判断しても良い。現在4戦4勝。有力各競走馬を相手にせず負かしてきた実績を考える上では状態面を加味しても最有力である事はここでも変わらないだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

5連勝を狙った皐月賞(GI)こそ挫跖により回避となったが、その能力はこれまでの戦績からも世代TOPに疑いようはない。症状が治まってからはここを目標に順調に乗り込まれ本日の調教でも伸びやかなフォームで駆け抜けるなど状態面の不安は皆無。手綱を取った川田騎手も「やりすぎないよう様子を見ながら追ったが非常にいい内容だった。皐月賞を回避した影響も感じない。」と好感触。初距離もストライドの大きい走りゆえに問題もなさそう。状態面の不安もないなら主役は譲れない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

過去10年に例のないローテーション。しかしこのぶっつけ本番でもまったく不安要素は感じさせない。ディープ以来の無敗のダービー制覇なるか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

レース(RACE) の注目馬見解

皐月賞を右前挫石で回避したダノンプレミアムだが、そんなアクシデントを一切感じさせないような動きをこの中間は連発している。大目標のダービーに向けて一切抜かりのない万全の態勢でここまで調整されており、心配な要素は一切ない。もちろん弥生賞以来のぶっつけ本番となることに関しては、若干割引材料と捉えられなくもないが、これだけの調教過程を考えれば、ここは不安よりも期待の方が大きい。展開にも左右されることのない世代屈指の先行力で、4戦4勝と無敗を誇ったまま世代の頂点を決める大舞台に立つわけだが、これまでのレース内容からもあっさり勝ち切ることも大いにあり得る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■エポカドーロ

勝馬の栞 の注目馬見解

皐月賞では7番人気の低評価を覆し見事勝利を飾ったが、やはり馬場的恩恵にてフロックの評価となる意見もある事は今回少なからず有り得る事は確か。今回日本ダービー開催時にも馬場が渋れば最高のパフォーマンスを発揮出来る可能性は上がるが、残念ながら週末はそういった気配はなし。だが皐月賞以降と比較してもトモがかなり成長し、かなり雰囲気も出てきたとなると前走以上の状態である見込みは高く、少々ピッチ気味の走りで東京の坂をクリア出来れば皐月賞馬相応の走りは期待出来るのではないだろうか。懸念材料はやはり馬体的に伺える距離延長。今回調整においてもしっかりCWにて時計を繰り出しているだけに、調子で懸念材料を一蹴出来るとなれば二冠は決して遠い存在ではない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

2走前のスプリングS(GⅡ)はハナ差2着に惜敗後、皐月賞(GI)では7番人気を覆し優勝。展開面に恵まれた感もあるが直線でさらにギアを入れ直して差を広げた辺りは能力のある証だろう。二冠へ向け調整は万全の様子で陣営も「予定通り、順調に来たのが何より。日本で一番のレース。気合が入る。」と色気十分の様子。抑えが利くレースぶりからも距離延長は問題なさそう。初の左回りさえこなせればここも好勝負できると判断。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

ただ運に恵まれただけのG1馬ではない。新しい新境地を見出してくれるはずだ。仕上げには十分考慮したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ブラストワンピース

ターフビジョン の注目馬見解

美浦Wで池添を背に追い切られた。カルヴァリオ(5歳1600万)を1馬身追走し、直線でもしっかりと負荷をかけて半馬身先着。時計は5F66秒9~36秒2~12秒1。そこまでのスピード感はないが、それでも時計は出ているのがこの馬の特徴。「抜け出してから気を抜かないようにやった。体が締まっており、本番までにはピークになりそう」と池添騎手。けいこではややもたつくような面はあるが、「実戦では反応が全く違う」とのこと。毎日杯以来は予定通りのローテで、しっかりとメニューを消化。こちらもチャンスは十分だろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

万馬券総合研究所 の注目馬見解

パワー型の馬体だがしなやかなバネをもっており前・後肢の張りも上々。元々太く映りやすいシルエットで腹回りには余裕が感じられるが追い切りの動きは抜群だけに当週で万全に仕上がると判断。2走前のゆりかもめ賞(500万下)で今回と同じ東京2400mを使っているのは強調材料で、結果は後続に4馬身差以上つける楽勝ぶり。さらに前走の毎日杯(GⅢ)では初の右回りでも2馬身差つけて快勝するなどレベルの高さは疑いようがない。
重め残りでの出走にならなければ上位争いは濃厚。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ワグネリアン

ギャロップジャパン の注目馬見解

前走の皐月賞(GI)こそ7着に敗れるも、道中外々から他馬に行かれいつもより後方のポジション。展開も自身に向かず差し届かなかったが内枠が影響したと判断。3走前の東スポ杯2歳S(GⅢ)で2着馬に3馬身差つけた高いポテンシャルからもまだまだ見限れない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

巻き返しに期待。陣営もダービーを標準としていたし期待の若馬。鞍上も先週のレッドサクヤで間隔を掴んだに違いない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ゴーフォザサミット

勝馬の栞 の注目馬見解

日本ダービーと同じ施行条件である青葉賞を勝利し日本ダービーへ駒を進めた1頭。2月の共同通信杯、3月のスプリングステークス出走時と青葉賞では明らかなる馬体成長が見られ、今回前走青葉賞出走時と比較しても更にその厚みが増した印象が強いとなると、更に前走以上のパフォーマンスは期待出来る。また馬体も2400mは歓迎のシルエット構成であり、鞍上も日本ダービーにかなりの執着を見せる蛯名騎手騎乗をとなれば意気込みとしては相当。青葉賞で見せた通り馬群を割って伸びるという器用さはないが、前に障害がない状態から追えばその伸びは非常に素晴らしいモノがあり、今回直線に向いた際にスムーズに外に出せれば当然上位は狙える可能性は高い。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

ゴーフォザサミットは青葉賞V。コンスタントに使っていることもあり、この日はあくまで馬任せ。美浦Wの3頭併せで蛯名騎手が騎乗して最後方から発進し、4F55秒0~40秒1~12秒2で併入した。時計は地味だが、間隔を思えばこんなもんで十分だろう。何より落ち着きがある。これは好材料だろう。「前走時の最終追いと馬の感じは変わらない。入れ込むこともないし、どっしりしている。相手は強いけど、せっかくのチャンス」とジョッキー。以前に比べて、若干ではあるが行きっぷりは良くなってきた印象がある。上昇曲線を描きながらもダービー参戦と見ていいのでないか。蛯名騎手初のダービー制覇があっても驚けない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ステルヴィオ

ギャロップジャパン の注目馬見解

前走の皐月賞(GI)で初めてダノンプレミアム以外に先着を許した。先行有利な流れの中、有力な後方勢の中で最先着の4着ならそう悲観する内容ではない。2走前のスプリングS(GⅡ)では皐月賞馬エポカドーロに先着しており、東京も経験済み。巻き返しの可能性は十分ある。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ジェネラーレウーノ

ターフビジョン の注目馬見解

美浦Wでホリデーモード(3歳500万)を4馬身追走し、抜群の手応えで楽々と1馬身先着した。時計は4F51秒6~37秒2~12秒1。先週しっかりとやっているので4Fからの追い切りだが、非常に力強い動き。気を抜くような面もそこまで見せず、以前に比べて集中力がアップしている。「今週はこれで十分。最後までしっかりと走れていた。状態に関しては万全で前走以上。まだ本気の走りを見ていないので、楽しみはある」と矢野調教師。皐月賞3着はオーバーペース。スムーズなら勝てるだけの状態、ポテンシャルがありそうだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■サンリヴァル

ギャロップジャパン の注目馬見解

位置取りの良さと展開面が向いたがタイミングよく抜け出し勝ち馬に食い下がったあたり評価せざる得ない。初の東京になるが両祖母ともオークス馬と血統背景の魅力も十分。これまで5戦して一度も掲示板を外してないだけに今回も軽視はできない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■コズミックフォース

ブラッドホース の注目馬見解

今年に入りかなりの成長力を見せ、1月の京成杯でもその成長ぶりは見て明らかなる状況。しかしその次走すみれステークスでは初輸送もあり大きく馬体重を落とし前走プリンシパルステークスでも大きく回復とは行かなかったが、それでも更に逞しくなった印象が強く、今回日本ダービー出走前も上昇気配となるとそれだけ身が詰まってきたという事だろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅠレース, 重賞