競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

有馬記念(G1) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■キタサンブラック

勝馬の栞 の注目馬見解

中央競馬を牽引する存在も今回で遂に見納め。サラブレッドの5歳となれば成熟の域にある為、前走及び前々走と比較をしても良い意味で大きく変更点した点は見受けられないが、若干ではあるが前走ジャパンカップ出走時よりも今回の方が毛艶や張りの面では良く映る点においては好感が持てる。今年の秋開催から調整方法も変更しなかなかその状況が把握しずらい点はあるが、今回有馬記念に向けての調整においては馬也にて相応の時計は出しており、順調に消化出来ている点に関しては秋3戦目を迎えても不安な点は感じられない。陣営としても勝利すれば念願のグランプリタイトルであり、有終の美を飾る意味でも今回だけは特段負けられない意気込みである事は間違いないだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬インサイト の注目馬見解

秋の復帰戦に選んだのは天皇賞秋、記録的な大雨となったこのレースでの単勝オッズは3.1倍であるが、少なくとも宝塚記念での惨敗から本命を避けた競馬ファンは多く、キタさんブラックファンによる単勝買いも加味すれば、もしかすると本来1番人気ではなかったかもしれない。それでもキタサンブラックの馬券を買った人、買わなかった人いずれも注目していたのはキタサンブラックの走りであるということは間違いない。
武豊騎手による意図的な出遅れから、最内を通す神がかり的な騎乗に応えるように4角出口では先頭に立ち、ゴール前迫ったサトノクラウンをクビ差抑えての勝利は奇跡以外の何ものでもないだろう。 前走のジャパンCではシュヴァルグラン、レイデオロに先着を許し3着となったが、レース後に発覚した落鉄の影響は否めないことは確かで、落鉄したのがレース後だったとしても落鉄寸前の状態で走っていたということであり、いわば「靴が脱げかかってる状態」で走っていたということに変わりはない。「引退=力の衰え」というケースもあるが、キタサンブラックの場合は今年のレース内容、また前走の内容から見ても力落ちは全くなく、ピーク時での引退となることから、やはり今回の有馬記念では中心の一角。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬劇場 の注目馬見解

前走のジャパンカップではこれまで先着し続けてたシュヴァルグランに、今年のダービー馬のレイデオロに先着は許したものの、前半1000m通過タイムが60.2秒という先行馬にとっては厳しいペースとなる中、4着以下には4馬身差を付ける走りを見せ能力の衰えを一切感じさせない走りを見せました。今回がラストランとなるこの有馬記念は、一昨年3着、去年は最後の最後にサトノダイヤモンドに刺されての2着と悔しい思いをしてきた舞台だけに、鞍上の武豊騎手も堂々「勝たせてあげたい」と話しております。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

今走がラストランとなる現役最強馬“キタサンブラック”。前走の“ジャパンカップ(GⅠ)”では、最後の直線で伸びることができず3着に敗北したが、それでも安定して馬券内に好走した内容からも、今回も非常に期待できる。今回の有馬記念に向けての調整も今年の秋2戦の中でもデキが良く、馬体の張りや毛艶も非常に好感が持てる。後は、内枠となることを願うばかりであるが、“天皇賞・秋”で見せた最速の末脚からも、どの枠でも勝利できる可能性を秘めていることは間違いない。“キタサンブラック”の最後の走りに期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

いつもと同じく栗東Cウッドコースで行われた。パートナーはビップレボルシオン(古馬1000万)で前半は2馬身追走。いつもと同じく、軽く流すような走りで差を詰めゴールでは1馬身前へ出た。決して派手さはなく、動きも良く見えないが、これがキタサンブラックの追い切りだ。ずっと調教に騎乗してきた黒岩騎手は「今日は馬の雰囲気を重視し、ゴールで先着するよう調整して乗った。しっかり反応してくれたし、いつもと変わらない雰囲気できている」と好感触をつかんだ。古馬の王道と言われるGⅠはほぼ勝ってきた。天皇賞・春は2連覇し、昨年はジャパンCを完勝。今年は新設GⅠの大阪杯を勝ったし、秋の天皇賞も勝利。まだ勝っていないのが有馬記念だ。「何とか最後にいい形で終わりたい」と清水久調教師は気合いが入る。劇的なラストランを見せるか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

2017年は新設GIの大阪杯を制し、続く天皇賞(春)を2連覇。その後の宝塚記念9着は見えない疲れがあったのだろう。それを払拭するかのように秋の始動戦の天皇賞(春)ではスタートで後手を踏みながらも激闘を制した。ジャパンカップこそ3着としたが超不良馬場だった天皇賞の反動はいくらかあったはず。有馬記念は一昨年3着、昨年2着と手に届いていないタイトルだけにここは是が非でも獲りたいところだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

今回で引退の年度代表馬。前走は落鉄ながら健闘していた。有終の美を飾れるのか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■スワーヴリチャード

ターフビジョン の注目馬見解

3歳の雄スワーヴリチャードはミルコ・デムーロを背に最終追い切り。Cウッドコースで6F79秒7―12秒0の好時計をマーク。パワフルな動きだった。庄野調教師は「十分な動きだった。だいぶ筋肉量が増えたし、骨格がハッキリしてきた。亀甲も抜けて大人の体になっている」と評価した。鞍上がGⅠに滅法強いイタリアンだけに不気味だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

今年のダービー2着馬秋の復帰こそ遅れたが前走のアルゼンチン共和国杯では2着に2馬身半差をつける圧倒的な勝ちっぷり。初の古馬対戦で56㌔を背負ってのものなら力は相当。右回りが懸念材料だが克服なら十分出番はある。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

重賞でも安定した結果を出し続け馬券を外したのは皐月賞(G1)の6着のみ。得意の左回りじゃないのが気になる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■シュヴァルグラン

勝馬の栞 の注目馬見解

ジャパンカップ勝利にて悲願のGIホースの仲間入りとなり、あれだけの激走を果たしたのであればデキ落ちという点においても注意が必要ではあるがその懸念は杞憂。むしろ前走ジャパンカップ出走時よりも逞しくなり肌艶も大きく向上。プラス体重での出走濃厚とも捉えられる状態を考える上ではこの有馬記念も好走を視野に入れての調整である事は間違いない。あえて問題点を挙げるとなれば特殊コースである中山での出走経験が非常に乏しく、昨年の有馬記念出走が自身初の中山出走であり、それでも今回の出走で2度目という内容は適しているか否かを判断する事は少々困難。トビが大きい走法だけに小回り克服が大きなカギとなる可能性は高い。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

ジャパンCで初めてキタサンブラックを負かしたシュヴァルグランは坂路で最終追い切りを行った。4F54秒0―12秒9と決して時計は速くないが、もともと調教駆けしないタイプ。友道調教師は「先週にCウッドコースで一杯に追って、ワンランク上の状態になった。ジャパンCよりも明らかに今回の方がいい」と仕上がりに自信満々だ。以前より瞬発力を増しており、GⅠ2連勝のチャンスは十分か。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

前走のジャパンカップで待望のGIタイトルを獲得したシュヴァルグラン天皇賞(春)③②着、昨年のジャパンカップ3着といずれもキタサンブラックの後を追いかけていた。今年の宝塚記念で先着するも自身は8着。そしてとうとう前走のジャパンカップでキタサンブラックを破り待望のGIタイトルを獲得。前走で一皮むけたとなれば今回も好勝負は必至と見て問題ない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ミッキークイーン

競馬オンライン の注目馬見解

昨年の5着のリベンジに燃える“ミッキークイーン”に期待したい。重賞13戦中、馬券から飛んだのは僅か3度のみであり、“ミッキークイーン”持ち味である鋭い末脚を発揮したレースではすべて好走している。今年の「宝塚記念(GⅠ)」では、今回の「有馬記念」とほとんど同じメンバーで行われたが、上り【35.5秒】の強力な末脚を発揮し強豪馬相手に3着にまで好走した内容は今回の舞台でも非常に好感が持てる。また、父ディープインパクトとコースの相性が良く、「昨年」、「2014年」での優勝馬もディープインパクトの産駒馬であり、今回のメンバーで唯一その血統を秘めるミッキークイーンの好走の可能性は非常に高いだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

切れ味鋭いミッキークイーンは浜中騎手を背に坂路で最終追い切り。4F52秒5―11秒9と弾けた。浜中騎手は「しまいがいい反応だった。休み明けだった前走から良くなっているんじゃないかな」と満足げだった。4カ月ぶりのエリザベス女王杯は脚を余した感のある3着だった。相手が強化されるが侮れない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

ミッキークイーンは宝塚記念、エリザベス女王杯3着の実績。一線級の牡馬を相手に遜色ない競馬を繰り広げてきており能力通用は確か。エンジンの掛かりが遅く勝ち切れない印象だが嵌まった時の脚は圧巻。展開に左右される脚質ゆえに自身に向く流れなら一発も。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■サトノクラウン

ギャロップジャパン の注目馬見解

今年の宝塚記念ではキタサンブラックを破り初の国内GIを制したサトノクラウン前走のジャパンカップの敗因がさっぱりだが2走前には超不良馬場の天皇賞でキタサンブラックをクビ差まで追い詰めた。実績、能力からもここでは上位の存在。前走が気にかかるが能力全開なら侮れない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ヤマカツエース

勝ち馬の定石 の注目馬見解

昨年の有馬記念では惜しくも4着。中山巧者であることは間違いない。どうな戦略を立てるか見物だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■レインボーライン

競馬オンライン の注目馬見解

いまだにGⅠ勝利に手が届かない“レインボーライン”しかし、それでもGⅠの大舞台で馬券内に好走する例が多いからこそ、怖い一頭であり、侮れない。“レインボーライン”は不良馬場で行われた今年の“天皇賞・秋(GⅠ)”で最速の上り【34.6秒】を叩き出したように渋った馬場や、荒れた馬場など力の要る馬場こそ実力を発揮する競走馬。だからこそ、芝の荒れた今週の中山コースならば最大限に実力を発揮してくれることだろう。後は、最後の直線で先行馬が大きく失速し、最大の持ち味である強力な末脚が活きる展開となれば、大きな穴を空けても何ら不思議ではない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■クイーンズリング

勝馬の栞 の注目馬見解

1800m以下の競走で好走が目立つが、昨年のエリザベス女王杯の勝利も含め、また胴長のシルエットも含め少々長い距離でもこなす可能性は十分に考えられる。また血統背景も父マンハッタンカフェは言わずと知れたステイヤーであり、母アクアリングこそ短距離実績豊富ではあるが、母父Anabaaは各国の2000m以上の大舞台を制覇した産駒を送り出しており、その血を継ぐとなれば距離的に未開な分期待も出来るのではないだろうか。直線平坦なコースが理想だが、中山開催デビュー戦から続く菜の花賞で勝利を挙げており、蹄の形から両馬場が理想的ではあるがトリッキーなコースも対応可能、また時期的及び年齢的にも牝馬は冬毛が目立つのが通例だがそれも目立つ事なく非常に良い状態でグランプリに挑めるとなれば牝馬特有の斤量を活かし好走を期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■サトノクロニクル

勝ち馬の定石 の注目馬見解

新馬戦から6戦連続で1番人気。期待の3歳馬。チャレンジカップでは斤量の軽いデニムアンドルビーを抑えたのが良かった。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅠレース, 重賞