競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

根岸S(G3) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■サンライズノヴァ

競馬インサイト の注目馬見解

中間の追い切りもダンビュライトを終始あおるほどの手応えで、仕掛けてからの反応も上々。状態面に不安はなく、厩舎サイドも「ここでフェブラリーSの出走権を取りたい」と語る今回の根岸S。前走から距離短縮で流れそうな今回は上位争いの1頭として注目しておきたい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬劇場 の注目馬見解

今回の舞台東京では、武蔵野Sで大敗を喫した舞台でもありますが、この時もペースが先行馬nとって有利だったこともありますが、ユニコーンSを制しているところを見ても、
決して東京の舞台が苦手というわけではありません。前走で敗れたディアデルレイが、東海Sで9着に敗れており、それに前走で、7馬身差突き放された当馬が今回評価を落とすようなことがあれば、それは不当な評価と言っていいでしょう。前走の馬体重12キロと成長した姿を見せ、叩き2走目で上積みも見込める今回の根岸Sでは、当場の重賞2勝目なるか
ご注目いただければと思います。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

うまライブ の注目馬見解

前走では馬体重増加から好走を見せており、今回はさらに仕上げて臨む重要な一戦となるぞ。コース適性は◎。鞍上であるリーディングランク上位常連の戸崎騎手との相性は抜群だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

昨年と同じローテで虎視眈々と狙う“ベストウォーリア”を穴に一考。地方、そして中央ダート重賞で大活躍しているダート戦線馬であり、昨年では“根岸S(GⅢ)”で2着、本番の“フェブラリーS(GⅠ)”では強豪馬が揃っていたにも関わらず後続に2馬身以上差をつけ2着となった内容からも能力が長けているということが分かる。今年で8歳馬となるが、肉体的にも状態面に全く衰えはなく、好走も十分にあり得るだろう。折り合いが完璧な馬だけに昨年リーディング騎手「ルメール騎手」の采配がうまく決まれば1着もありえない話ではないだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

アクティブ の注目馬見解

圧巻は今回と同じ舞台の3走前、グリーンチャンネルC。これも掲示板5頭のうち4頭が4角5番手以内という不向きな流れだったが、直線で大外に持ち出されると芝並みの上がり34秒7の末脚で豪快に突き抜けた。賞金的にGI出走には優先出走権が必要な立場だけに、仕上げにも抜かりはなく、まずは前哨戦で世代交代を印象づける。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

世代屈指の実力を持つサンライズノヴァ。3歳時にはユニコーンS(GⅢ)で4馬身差をつけて快勝すると、古馬初対戦のグリーンチャンネルC(OP)を出遅れながらも快勝。能力に疑いようはなくここでも通用するはず。馬体減が影響した前走の武蔵野S(GⅢ)こそ案外だったが再度4戦3勝の舞台で巻き返しを狙う。

以上が、 ギャロップジャパン 注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ベストウォーリア

うまライブ の注目馬見解

過去には好成績を残している有力馬であり、昨年の同重賞での[3番]カフジテイクのラスト直線の追い込みで惜しくも敗れたこともあり、今年は無念を晴らしたいところだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

昨年と同じローテで虎視眈々と狙う“ベストウォーリア”を穴に一考。地方、そして中央ダート重賞で大活躍しているダート戦線馬であり、昨年では“根岸S(GⅢ)”で2着、本番の“フェブラリーS(GⅠ)”では強豪馬が揃っていたにも関わらず後続に2馬身以上差をつけ2着となった内容からも能力が長けているということが分かる。今年で8歳馬となるが、肉体的にも状態面に全く衰えはなく、好走も十分にあり得るだろう。折り合いが完璧な馬だけに昨年リーディング騎手「ルメール騎手」の采配がうまく決まれば1着もありえない話ではないだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

昨年のこのレースで2着と好走したベストウォーリア続くフェブラリーS(GI)でも昨年のJRAダートGIを完全制覇したゴールドドリームのクビ差2着。これを物差しと考えればこの敗戦はむしろ評価に値するものだろう。前走の武蔵野S(GⅢ)こそ7着としたが陣営も「ハナを切る形になったのといくらか重かった。それでも0.6秒差なら大きく負けていない。昨年2着のレースだし改めて期待したい。」と悲観の色はなくむしろ色気タップリの様子。11戦して【3-3-2-3】と相性の良い舞台なら今回も好勝負は必至と見る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■カフジテイク

競馬オンライン の注目馬見解

昨年の“根岸S(GⅢ)”1着の連覇を狙う“カフジテイク”が本命の一頭。“カフジテイク”は必殺の末脚をもち、昨年“根岸S(GⅢ)”は直線一気で猛激走を果たし、後続馬に1馬身以上差をつけて堂々の1着。さらに、東京ダート1400mの舞台は3戦全勝と“カフジテイク”が得意とするコースであり、今回も負けられない。鞍上は、昨年勝利に導いた「福永騎手」が騎乗予定であり、上位好走どころか、勝利の可能性も十分に期待できる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

カフジテイクは昨年のこのレースの勝ち馬。その後のフェブラリーS(GI)も0.1秒差の3着と能力の高さを改めて証明。前走のチャンピオンズC(GI)こそ7着としたがやはり距離が長かった印象で7勝中6勝の戦績が示す通り、現状は1400mがベスト。陣営も「東京に替わるのは間違いなくプラス。今なら位置取りも気にしない。緩さもなくなってきたし連覇の可能性は十分あるよ。」と舞台変わりに強気の姿勢。適距離に戻れば巻き返しは濃厚と見る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■アキトクレッセント

勝馬の栞 の注目馬見解

500キロを超え如何にもダート短距離馬という印象が強いが、それでも非常に素軽映る点は好印象であり、1400mという施行条件もこの馬に最適となれば先のGI競走で向けここは好走をしたい所ではないだろうか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

栗東会議 の注目馬見解

得意としている府中1400mであらためて再チャレンジとなる今回。フェブラリーSの前哨戦の位置付けとなる重賞レースだけに相手関係は一気に強化されますが、2走前に先着された馬が不在の上に有力馬の面々は叩き台の意味合いが強いとあらば、今の勢いそのままに再び馬券圏内まで突っ込んでくる可能性は十分です。GI馬の追い切りにあれだけ食らいついていた頃を思えば直近の調教内容に物足りなさを感じてしまうところもありますが、それでもこの条件ならば無視するわけにはいきません。もちろんGIもですが今後交流重賞を思うように使っていきたいならばここでの賞金加算は必須と言えるでしょう。デビュー年の倍以上となる47勝をマークと、昨年は大きな飛躍の年となった荻野極ジョッキー。8戦続けて手綱を任されすっかり主戦のイメージが染み付いた所属厩舎の馬とともに3年目もさらなる飛躍を目指してもらいたいところです。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■キングズガード

ギャロップジャパン の注目馬見解

前走のチャンピオンズC(GI)は8着と振るわなかったキングズガード。しかし昨年はGIを除けば④②②①③③と安定感が光る。特に唯一の勝ち鞍をあげたプロキオンS(GⅢ)ではカフジテイクに2馬身をつける快勝で大舞台で戦える力をつけた印象。昨年このレースは4着だけに今の充実ぶりなら更なる前進が見込めそう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ノンコノユメ

ギャロップジャパン の注目馬見解

ノンコノユメ陣営は距離短縮を大歓迎。前走のチャンピオンズC(GI)は内目に入れ砂を被る形、気分良く走る事が大前提なだけに厳しい展開だった。陣営も「武蔵野Sのイメージで乗ってもらいたかったが内に入って砂を被る厳しい展開。今回は初の1400mになるが直線で外へ出してくれたら確実に伸びると思う。」と距離短縮に好感触。一昨年6月の帝王賞(2着)以降、馬券に絡んでいないものの初1400mでマッチすれば逆転も。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅢレース, 重賞