競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

金鯱賞(G2) THE本命の注目馬

   

THE本命の注目馬

■スワーヴリチャード

勝馬の栞 の注目馬見解

今年初戦という事もありそこまで仕上げてはこないかという想定ではあったが、馬体は非常に研ぎ澄まされ張りも良好。トモにも成長が見られ仕上がり面に関しては全く問題のない状況。中京コースは初出走となるが、左回りのパフォーマンスに関しては全く申し分なく、この状態で出走となれば人気相応の結果は期待出来る。同世代の注目馬サトノダイヤモンドも出走を予定しており、今回人気を二分する両馬を比較する上ではこのスワーヴリチャードの方が総合的に良く見える。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

昨年“ダービー(GⅠ)”2着、“有馬記念(GⅠ)”4着の現役4歳馬の中でもトップクラスの実力を誇る“スワーヴリチャード”。前走では強豪馬相手に4着にまで善戦したが、敗因は最後の直線でもたついて伸びきれなかったことであり、距離短縮となる今回の舞台はさらなる飛躍が期待できる。追い切りでの動きも俊敏で、仕上がりも万全といっても過言ではなく、持ち味である鋭い脚もしっかり使えていたからこそ上位に激走することは濃厚。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

スワーヴリチャードはCウッドコースで6F84秒6―12秒5とこちらも軽めの調整。ミルコ・デムーロ騎手は「いい感じ。いつも通り。休み明けだけど大丈夫。久々の2000メートルが一番いいかもしれないね」と笑顔だった。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

東京の舞台では間違いなく買いの馬であるが、初めての中京競馬場でどんな走りを見せてくれるか楽しみだ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

レース(RACE) の注目馬見解

前走の有馬記念は、出遅れた上に、実績がない中山コースと不利な外枠が重なって思うように力を発揮できず。それでも強豪相手に勝ったキタサンブラックとコンマ2秒差の4着まで来ているのだから、やはり地力は高い。すでに本格化の域に達していると言ってよく、明け4歳になって馬体も更にパワーアップした印象。中京コースは初めてだが得意の左回りに替わって、ここは勝ち負け必至だろう。大阪杯に向けていいレースを期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ヤマカツエース

勝馬の栞 の注目馬見解

只今金鯱賞2連覇中。仮に今回勝利となるとタップダンスシチーと並ぶ金鯱賞3勝。6歳になりそう大きく馬体の変化はなく、今回の出走に対しても前走有馬記念から大きく変わった点は見受けられないが、やはり有馬記念2500mと今回の金鯱賞2000mを比較する上では距離適正として俄然金鯱賞2000mに向く印象が強いとなれば3連覇は決して夢ではない。今年は昨年と比較する上では非常に強力なるメンバーが出揃ったが、中京巧者という意味ではこのヤマカツエースに分があるとなればそこで十分逆転は可能となるのではないだろうか。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

競馬オンライン の注目馬見解

近走での結果は暗雲低迷であったが、ここにきて打開の兆しが見えてきた。年明けてからの初出走となるが動きが一変し、軽快な脚色で乱れずにしっかりと飛ばせた動きは昨年以上の仕上がりといっても過言ではない。また、今回の中京芝2000mは、『父キングカメハメハ』の産駒が活躍する舞台でもあり、過去2戦連続で勝利し続けていることからも相性がいいことがうかがえる。この不調の流れから抜け出せるほどの衝撃の走りに期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ターフビジョン の注目馬見解

金鯱賞を2連覇中の ヤマカツエースはCウッドコースで6F81秒1―11秒6と好追い切り。池添兼調教師は「最後までしっかり動けていた。1週前より動きも良かったと思う。金鯱賞は勝っている舞台だし、なんとか結果を出してほしい」と3連覇を狙う。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパン の注目馬見解

ヤマカツエースは前走の有馬記念こそ勝ち馬のキタサンブラックを意識し自身としては早めのレース運び。10着に敗れるも勝ちに行っての0.8秒差ならそう悲観する内容ではないだろうし、2000mで4勝をあげている戦績からも2500mは少し長かっただけ。金鯱賞で2連覇しているように最も相性の良い今回の中京2000mなら前進必至と判断。有馬い以来の実戦となるが2月28日の稽古ではラスト1F11秒5と抜群の切れ味を披露しており力は出せるデキ。
相手は揃ったが得意舞台なら上位争いできるはず。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

昨年の覇者。距離適性はバッチリ。鞍上とのコンビも長く馬の能力を引き出すのに長けているので連覇もあり得る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■サトノダイヤモンド

ターフビジョン の注目馬見解

サトノダイヤモンドはCウッド6でベルーフと併走。6F84秒3と全体時計は遅いが、その分ラストは11秒8と鋭く伸び2馬身先着した。ただ、池江調教師は慎重で「テンを遅く入れば、しまいは動く。まだ本当に良かったころに比べれば」と慎重だ。もうひとつトレーナーが気にかけているのが、昨秋のフランス遠征が大敗に終わったこと。「フランスでの2戦がメンタルに影響していなければいいが」。そう言った意味からも試金石の一戦となる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石 の注目馬見解

最強世代の一頭。ライバルが昨年引退してしまったが、まだまだ燃え尽きてはいない。海外明けでしっかり結果を残して欲しい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

うまライブ の注目馬見解

近年、苦汁を飲まされることが多いが、徐々に全盛期の調子を取り戻してきており、順位をどこまで伸ばせるか見ものだぞ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ブレスジャーニー

競馬オンライン の注目馬見解

前走の“有馬記念(GⅠ)”ではスタートからぶつかり合い、馬のやる気が削がれ、直前もほとんど伸びれず12着となり、当然これが真の実力ではないからこそ度外視。もともとは、機敏に動ける競走馬であり、前走と比べ相手のレベルが低いからこそ、大穴を開ける可能性は十分にある。追い切りでは、3歳時と比べて反応も素早く相当俊敏に動けるように大きな成長をしておりかなりの好材料。昨年の重賞はさほど結果が伴っていなかったからこそ、ここで大きな成果を期待したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

万馬券総合研究所 の注目馬見解

直飛で手先の軽さが感じられるブレスジャーニー。ダート馬が多いバトルプラン産駒だが明らかに芝向きの馬体。不利を受けた前走の有馬記念(GI)、そして約1年ぶりの実戦となった極悪馬場の菊花賞(GI)では大敗したが3着を外したのはその2戦のみ。GⅢでは3走して③①①着で左回りコースも【3.0.1.0】ならここでも十分通用すると判断。ややテンションが高いが馬体は好仕上がりで距離短縮もプラスだけに一発あっても頷ける。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■メートルダール

うまライブ の注目馬見解

鞍上福永騎手のメートルダールは前走の中日新聞杯(G3)にて見事に差し切っており、同コースとなる今回の重賞で好走が期待されるぞ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅡレース, 重賞