競馬予想サイトの注目馬情報を集めるブログ | 注目馬見解まとめ

注目馬見解まとめは競馬予想サイトで公開されている注目馬情報を総まとめにしたブログです。予想の参考に役立つのはもちろんのこと。競馬予想サイトを比較検証できるので有効にご活用ください。

金鯱賞(G2) THE本命の注目馬

   

■アルアイン

勝馬の栞の注目馬見解

前走時の馬体重が520キロとディープインパクト産駒の中でも一際馬格に恵まれた競走馬であるとともに筋肉量や骨量も良く詰まっており、筋骨隆々としたがっちりした馬体であり好感が持てる。
筋骨隆々とした馬体ながらも、父譲りの柔軟性があり瞬発力に優れた走りができる馬であり、それに加え豊富な筋肉量から生み出される秀でたパワーもあり、GⅠを目指している競走馬だけあって、仕上がりは万全に映る。
気になるところは、腹回りに多少ゆとりを感じるところであるが、最終追切も控えているとなれば更に絞られベストパフォーマンスに相応しい仕上がりになるだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ブラッドホースの注目馬見解

昨年の大阪杯、天皇賞・秋でも好走。高いレベルで好走を続けている実績は軽視できないだろう。
好位からの安定したレース運びは、展開、馬場に左右されることはなく、栗東坂路で4F51秒台を立て続けにマークしている調整過程からも、仕上がりの良さが伝わってくる。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパンの注目馬見解

一昨年の皐月賞馬アルアインがここから始動。
皐月賞(GI)から勝ち星はないが大阪杯(GI)3着、天皇賞(秋)(GI)4着、マイルCS(GI)3着。
特に前走のマイルCS(GI)では久々のマイルの流れに戸惑うことなく勝ち馬と0.2秒差。
戦績からもGⅡのここでは能力上位は明らかで安定感はメンバー随一。
皐月賞を制した2000mに替わるのは間違いなくプラス。
持ち前の先行力を生かせる舞台なら尚更だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石の注目馬見解

実績は申し分ない皐月賞馬。その皐月賞以降、勝利はないもののその堅実さはメンバー随一と言ってもいいだろう。戦って来た相手も一線級の馬達ばかり。激戦が予想される金鯱賞だが、軽視は禁物。大阪杯に向けて久しぶりの勝利も狙っているだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

レース(RACE)の注目馬見解

昨春G1・大阪杯3着、昨秋G1・天皇賞4着、マイルCS3着の実績はここでは断然。
今回は初の中京競馬とあって、適性がカギとなるが、実力的には負けるワケにはいかないだろう。
大阪杯に向けて、ここで無様な競馬はできない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■エアウィンザー

ブラッドホースの注目馬見解

昨年の春から目下4連勝中。前走のチャレンジCが初の重賞戦となったが、好位からメンバー最速の上がりを駆使して後続をシャットアウト。体質的な弱さが解消されて、デビューから期待の大きかった良血馬がいよいよ覚醒の時を迎えた。
負かしたダンビュライトがその後、京都記念を制覇。ステイフーリッシュは中山金杯、京都記念2着。決してレベルが低かったレースではなく、その中での圧勝劇はGⅠでも戦える力を示すもの。出来もさらに上向き。
1週前追い切りはシャケトラを含む3頭併せで行われたが、内から楽々と抜け出して1F11秒6。2馬身の先着を果たした。3日の日曜には坂路で4F53秒3。GⅠ馬撃破へ、抜かりのない態勢だ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパンの注目馬見解

目下の充実ぶりを見せるエアウィンザー
前走は4連勝で重賞初制覇を成し遂げるなどメンバーの中では一番勢いがある。
今回のメンバーでは実績面で見劣りするも前走は後続に3馬身以上つけており通用してもおかしくはない。
相手強化でも楽しみしかない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

万馬券総合研究所の注目馬見解

目下4連勝で充実一途のエアウィンザー。
今回のメンバーではやや実績が見劣るものの上昇度は大きな魅力。
前走は4馬身差の完勝で重賞初制覇を果たしておりまだまだ伸びしろも十分。
父のキングカメハメハらしいガチっとした筋肉質の造りが前面に出ており肌艶もピカピカ。
パワーアップは明白なだけにここも好勝負。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石の注目馬見解

4連勝で重賞初制覇を飾った1頭。2017年共同通信杯で6着となって以降、馬券を外していない堅実な馬。ここもかなりの注目を集める事には違いない。
近親馬にはエアスピネル、エアワンピースと言った馬達がいて、2000mの距離で実績は多くないが、この馬に関しては2000mの実績も豊富でベストな距離。
展開に左右されず、折り合いも問題が無い。
良馬場が理想だと思うが、週末の天気以外には不安要素はない様に見える。後は相手関係だけだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ダノンプレミアム

勝馬の栞の注目馬見解

昨年のダービー以来の出走。前走時は無駄肉が全くなくあばらが浮き出るほどの馬体での出走となった反動にてその疲労の蓄積により最後の著k巣円でも何もできずに大敗という結果にまで落陥った。
だが今回は約10ヶ月振りでの出走ということもあり全体的に肉付きもよく、まだ良化と場といった印象であるが最終追切にて更に仕上がることを考慮すれば懸念はない。寧ろその10ヶ月間で得たものが大きく、ダービー時では498キロと当時では馬格に非常に恵まれていたが、その馬格も更に凄みを増し筋肉の量も桁違いに成長を果した。
クラシック時は様々なアクシデントがあり苦渋の結果であったが、あれから大きく立ち直した今ならば、GⅠ馬が多く出走する今回の舞台でも上位好走は十分に狙える位置に居るだろう。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

勝ち馬の定石の注目馬見解

日本ダービー以来の出走となる1頭。弥生賞まで4連勝と順風満帆だったが、体調面が整わない事、怪我などもあって、それ以降は苦しい調整を強いられて来た。
しかし弥生賞や朝日杯で見せた爆発力は確かなものがあった。
あんな爆発力のある馬は、牡馬の中ではドゥラメンテ以来と言っても過言ではないだろう。
しかし久しぶりの出走となるだけに、当日の気配や、馬体には注目したい。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ブラッドホースの注目馬見解

デビューから無傷の4連勝。弥生賞では後のダービー馬・ワグネリアンを問題にしなかった。一頓挫あって皐月を回避。ダービーも決して本調子で迎えたわけではなく、体調さえ整っていれば、2冠達成も可能だったか。
2週前、1週前追い切りともに栗東CWで6F81秒台。日曜にもしまい重点で1F11秒7。これ以上ない乗り込みを消化しており、後は実戦勘が戻るかどうかだけ。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパンの注目馬見解

ダノンプレミアムは一昨年の2歳王者。
4戦4勝で挑んだダービー(GI)で初めて土をつけられたがタイム差0.2秒なら世代屈指の能力を持っていると言っても良いだろう。
能力は間違いなく通用するだけに問題は約9か月ぶりの実戦がどうかなだけ。
調教を見る限りでは力は出せそう。
力通りなら好勝負できるはず。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■リスグラシュー

ブラッドホースの注目馬見解

エリザベス女王杯で悲願のGⅠ制覇。その後も香港ヴァースで世界の強豪相手に2着と存在感を示している。4月の香港・クイーンエリザベス2世Cが最大目標とはいえ、弾みをつけるためにも負けられないところだ。
1週前追い切りは栗東坂路でシュタルケ騎乗で追われたが、4F51秒2を馬なりのまま叩き出す絶好の動き。休み明け、前哨戦といった雰囲気は一切なく、陣営も仕上がりにかなり自信を持っている。
初めての中京コースの攻略がポイントとなりそうだが、エアレーションの効果で開幕週でも差しが決まる状態。ラスト3F32秒台で上がれる末脚を持つだけに、一気の差し切りも可能と見る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパンの注目馬見解

昨年のエリザベス女王杯(GI)で初のGIタイトルを獲得。
とは言えこれまで阪神JF(GI)、桜花賞(GI)、ヴィクトリアマイル(GI)、香港ヴァーズ(GI)でいずれも②着ならこれまでGIを取れていないのが不思議なくらいだ。
実績面からも牡馬混合でもやれる事は十分、証明しておりGⅡのここなら能力上位は明らか。
休み明けも【1-1-2-0】なら久々でも不安はない。
初コースに対応さえできればここも上位争いは可能と見る。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

的中タイムズの注目馬見解

2歳時から活躍しクラシックは皆勤。牝馬線を中心に使われGⅠを除けば全て馬券内なのは最後に必ずいい脚を使っているから。
前走の香港ヴァーズ G1では牡馬混合戦でも差のない競馬ができる事を示した一戦だった。
ノーザンファーム産のキャロットファームのクラブ馬で外厩で仕上げられて仕上がりも良い。
休み明けも好成績を残しており好メンバーが揃ったここでも好走に期待。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ペルシアンナイト

ブラッドホースの注目馬見解

昨年のマイルチャンピオンSの覇者。香港マイルも5着と健闘しており、実績は上位。
中京は勝ち鞍のあるコースでもあり、ノーマークにはできない。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

ギャロップジャパンの注目馬見解

ペルシアンナイトは昨年の昨年のマイルCS(GI)の覇者。
重賞勝ちはいずれもマイルだが皐月賞(GI)、大阪杯(GI)2着ならこの距離も守備範囲。
戦績からも叩き良化型のイメージだが地力はメンバー上位。
乗り込みは十分で陣営も「久々だが動きは問題ない。前哨戦だけど恥ずかしい競馬はできない。」と色気十分の様子。
能力全開ならいきなり好勝負。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

■ギベオン

ブラッドホースの注目馬見解

同舞台の中日新聞杯を制した同馬。ルメールの離脱は痛いが、適性の高さを生かして上位を狙う。

以上が、注目馬の見解として無料情報で紹介されています。

 - GⅡレース, 重賞